ぶんころびんブログ

KARTと山の記録や、日々思った事を書き綴ります。
<< 第696話 FUN TO DRIVE | main | 第698話 秋田美人って? >>
第697話 限定的交戦権を認めよう

JUGEMテーマ:日記・一般



昨日北朝鮮の朝鮮中央通信が「拉致問題は解決済み」として、進行中の北の非核化による南北の平和統一を捻れさせていると報道しました。
金正恩自体は「日本と会話する用意がある」と言っているのですが、朝鮮中央通信は官営報道機関なので特に外交に関する発表内容は全て金正恩の承認済みのはずです。
とすれば、金正恩との直接会話でも期待できないと思います。
または、うまく行っても「過去の清算」を要求しているので、高額な経済援助を条件に小出しにしてくる可能性もあります。
もっとも、「過去の清算」とは、朝鮮併合のことを指しており、この清算に付いては、1965年に締結された日韓基本条約で、当時の合法的国家の韓国と北朝鮮地域を含めた全併合地域の個人補償も含めて清算済みです。
具体的には巨額の資金協力、無償3億ドル、有償2億ドル、民間借款3億ドル(いずれも1965年(昭和40年)当時額)を行い、それと引き換えに次の条件が確約されました。

● 両締約国は、両締約国及びその国民(法人含む)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。(個別請求権の問題解決)

● 一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益において、一方の締約国及びその国民の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であって1945年8月15日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする。(相手国家に対する個別請求権の放棄)

しかし、韓国側はその資金を北側はもちろん、個人へも一切配分せず、ほとんど全てを国内のインフラ開発へ使ったのです。(漢江の奇跡)
だから、北朝鮮が「過去の清算」を要求するなら、その要求先は韓国でなければなりません。
果たして、文在寅はなんと言うでしょうか。
もちろん、当時の資金は全て使い果たしており、また現在の経済状況からしても北朝鮮へ按分する余力は全く無いと思います。

頼みの綱はトランプ大統領です。
安倍さんとは拉致問題も取り上げることを約束し、拉致被害者家族とも面会していますが、果たしてどこまで引き下がらずに要求し続けてくれるでしょうか。
変わらぬ経済制裁を続けてくれるでしょうか。

アメリカとしての最低条件は、アメリカへ届くICBMが無くなれば良いのです。
日本が射程距離のミサイルや拉致問題はおまけ的条件なのです。
話すことは話したけど、折り合いが付かなかったで終わる可能性もあります。

拉致問題が進展しないからといって、即軍事オプションを選択するでしょうか。
北朝鮮のバックには中国がいることもあり、おまけ的条件については残念ながらあまり期待できないかも知れません。

もし万一そうなったら、拉致問題に関しては、もう日本自らが解決するしかありません。
独立国家として、不法に拉致された自国民を取り返すには、自ら取り返しに行かなければなりません。

2008/7/2に「第184話 日本にランボーはいないのか」を掲載しましたが、憲法9条に例外規定を設けて限定的な交戦権を認めるしかないと思います。
具体的には、不法に拉致された自国民を取り返すことを目的に、例えば10年間外交交渉しても取り戻せなかった場合には、対象国との交戦権を認めると。
(小泉元首相が5名を取り戻したのが2002年を起点としても、もうとっくに10年は過ぎています)

もちろん、戦いが長引くと支援国家が参入してくる可能性がある為、電撃的な作戦が必須です。
トマホーク等で直前にレーダーサイトを無力化して、洋上の護衛艦からヘリコプターで急襲する方法です。
拉致被害者の居る場所を特定できない場合には、金正恩を拉致してくるしかありません。
相手が不法に拉致したなら、こちらも不法に拉致してもおあいこです。
非難される筋合いはありません。
これで、拉致された全日本国民と交換すれば良いと思います。
一人でも欠けたら金正恩を返さないと。

もし支援国家が戦いに参入する場合は、集団的自衛権でアメリカが参入してくれるので、支援国家もあからさまには参入できないはずです。

もちろん、金正恩拉致作戦が100%成功する保証はありませんが、憲法をそれが可能なように改憲することによって、北朝鮮には拉致問題への対応を再考する機会には十分なるのではないかと思います。

取り敢えずは、トランプ大統領に期待です。
| ぶんころびん | 何でも | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://bunkorobin.jugem.jp/trackback/722
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ アクセスカウンター

ジオターゲティング
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS