ぶんころびんブログ

KARTと山の記録や、日々思った事を書き綴ります。
<< 第657話 2017 第32回 外秩父七峰縦走ハイキング大会参加 | main | 第659話 ショートコースでカート練習走行 >>
第658話 2017いきいき市原ワンデーマーチ

JUGEMテーマ:スポーツ



4/29(土)に地元市原市のウオーキングイベント、「いきいき市原ワンデーマーチ」に参加してきました。
本当は外秩父七峰縦走ハイキング大会後は2,3週はゆっくりしていたいのですが、地元を盛り上げる一助になればと今年も参加しました。(昨年、第613話)
最長コースが25kmなので、スタートが9時と遅いのが朝ゆっくり出来て嬉しいですね。
スタート地点の養老渓谷駅には8:40頃に着きました。
この25kmコースは昨年初めて歩いてとても気に入ったのでイベント後も何回か歩いています。
よって、養老渓谷駅も何回も見てきたのですが、なんかいつもと様子が違うのです。
近寄って見たら、駅舎の前に木が何本も立っているのです。
駅前にちょっとした林って、なんか違和感があるのですが、見慣れれば大丈夫かな。
それより、この木ってこのイベントだけの一時的なもの、なんて事はないですよね。


参加申し込みは、全て当日現地での受付のみとこれも余計な経費を掛けない方針なんでしょうね。
それもあって、参加料は400円と安いんですね。
外秩父七峰縦走は無料ですが、例外です。
但し、恐らく来年からは有料になるようですが。

そこで、2,000円の「いちはらアート x ミックス2017」のパスポートが参加者特別割引で1,500円で売っていたのです。
「いちはらアート x ミックス」とは、市原市内の里山7エリアにいろいろな芸術家や団体が作品を展示している里山芸術祭です。

思わず女房分も合わせて2枚買いました。
7エリア個別に買うと合計2,800円も掛かるので、46%引きとかなりのお買い得でした。

08:50 出発式

4km,7km,17km,25kmと全コースでザッと見300名ぐらいの方が並んでいました。
他のイベントの最長コースのスタートは一番早いので、これほどの家族連れや子供らグループが一緒にいる事は無いので、賑やかさがとても新鮮でした。



(市原市長を拝見するのは昨年のこのイベント以来)


(ジェフィーくん、スタッフの後ろはオッサくん)

09:05 出発

このイベントは先頭に旗手がいて、旗手を追い越してはいけないという珍しいルールがあるウオーキングイベントなのです。
7kmコースが先に出発し、続いて25kmコースが出発、とアナウンスがあったので、それに従って25kmの後方からスタートしました。

(駅から谷底へ下ります)



しかし、かなりの方々がその旗手を追い越して行くのです。
何故なら歩行速度がかなり遅いのです。
恐らく、4〜4.5km/hぐらいでした。

(旗手は3人の女性グループ)

昨年も旗手を追い越して行く方はいましたが、1名だけでした。
それも5km先の最初の休憩所で休まず、そのまま先へ進むと言う形で。

谷底へ下って歩いている時に、こんなに遅くては何時にゴールできるんだろうかと不安に思ったいたら、その旗手が後ろを振り向いて、「あっ、アンカー旗手が直ぐ後ろにいる!」と言って、少し急ぎ始めたのです。
そこで、聞いたのです。
「あの〜、旗手を追い越してはいけないんですよね。」と。
そしたら、「中間の旗手なので追い越しても良いですよ。」と言うのです。
中間にも旗手がいたのか! と焦りました。
「じゃ、先頭の旗手じゃないんですか!」と言ったら、「先頭の旗手は遥か先へ行ってますよ。」と言うのです。

オーマイガーッ!
先頭旗手だと思っていたのが、中間の旗手だったとは!
道理で皆追い越していくはずです。

そこからは時速7km/hのハイペースで歩き始めました。
少しして林道の上りが始まりましたが、6km/h以上のペースを維持していたと思います。
ガンガン抜いて段々歩いている人が疎らになってきましたが、まだ先頭旗手グループは見えませんでした。
やっと尾根に出て最初の休憩所・君津青葉高校 ・梅ヶ瀬キャンパスに着いたら300mぐらい先に旗手が見えたのです。

(ちょうど尾根に出た辺りにいつもの看板が)

09:51 君津青葉高校 梅ヶ瀬キャンパス 休憩所(4.9km地点)

休憩所の入り口にいるスタッフに先頭の旗手は休憩所に寄ったのか、と聞いたら寄ってないと言うのです。
旗手が寄らなかったら先頭グループは誰も寄らないでしょう。
旗手がそれで良いのか? と思いましたが、追う私が休んでいる訳にはいかず、7km/hペースで追いました。

因みに、もちろん昨年は寄りましたよ。
個人的には最初は2時間ぐらい休まなくても平気なのですが、いろんな方が歩いているので、旗手はその前提で無理させないようにしないといけないのです。

白鳥神社の表参道を越えた辺りでやっと追い着き、時計を見たらジャスト10時でした。
先頭グループは旗手を入れて4名でした。

(先頭旗手のグループ)

本当は前週の外秩父七峰縦走の整理運動的に旗手に合わせて時速5〜5.5km/hのゆっくりペースで歩く予定だったのに、自分の不手際で頑張り過ぎてしまいました。
これでは全然整理運動になっていないと思いましたが、やっとここから物見遊山ペースになりました。










一旦、下って車道へ出てまた直ぐ別の林道に入り上って、尾根に出てもみじ谷コースからクオードの森(旧市原市民の森)へ下ります。
その後も一人、二人と追い着いて来る方がいて、旗手を入れて7名のグループになりました。

(万田野林道の上り)


(クオードの森)

11:10 クオードの森CP(13.5km地点) 昼食

昨年はトンネルを潜り出た所のキャンプ場でしたが、今年はトンネル手前の広場でした。
梅ジュースは甘くてとても美味しかったし、筍入りの味噌汁も美味しかったです。
味噌汁があるか無いかで昼食の満足度が全然変わってきます。


広場には腰を下ろして座れるように板が何箇所かに敷かれていましたが、我々先頭グループは東屋に入って昼食をいただきました。



(楽しみにしていた美味しい筍入り味噌汁)

スタッフの方が旗手の所へやって来て、何時頃にスタートするかと聞いているのです。
旗手の方は迷っていました。
先頭グループの方々は10分ぐらいで昼食を食べたら直ぐ出発したいようでした。
「休み過ぎると辛くなる」と言う声に賛同していました。
結局はスタッフの要望で30分休んで11:40に出発することになりました。

普通、ウオーキングイベントの最長コースで30分も休むなんてあり得ないのですが・・・。
結果、旗手と私ともう一人の3名を残して4名は10分ぐらいで出発してしまいました。
ルールとは言っても罰則がある訳では無いので、止むを得ないですね。

その後に到着したメンバー3人が加わり、予定通り11:40に出発しました。
スタート地点からここまでは北上して来ましたが、ここからは別ルートでスタート地点を目指して南下します。
長めの休息後は旗手にとっても少し辛いのか、歩行速度は5km/hぐらいと少し落ちました。

(クオードの森駐車場入り口)


(車で通ると何とも無い直線ですが、歩くと長いですね)

月崎駅を抜けて再度林道に入り上りになって速度が復活しました。
そこで、昼食時に合流された方と話しました。
その方は71歳で普段はマラソンイベントに参加されていて、トレーニングで月に300kmは走っていると言うのです。
これには参りました。
本当に凄い方がいるものです。




また、このイベントも最初の頃は光風台から養老渓谷駅まで山中を歩く40kmコースだったと言うのです。
これは知りませんでした。
どのようなルートだったのか分かりませんが、これは面白そうですね。
是非復活して欲しいと思います。


(トンネルを抜けると旧白鳥小学校までほぼ一直線です)


(トトロのいる駅・上総大久保駅は旧白鳥小学校手前です)

12:45 旧白鳥小学校休憩所CP(19.2km地点)

ここも少子化で廃校になっていました。
立派な校舎なのに勿体無いですね。
ここは「いちはらアート x ミックス2017」の一会場になっていて、20分間の見学が組み込まれていました。
校舎の一、二階の教室を使っていろいろな展示をやっているようでしたが、全て見ている時間はないので、一階の数部屋を覗いてみました。

その中に桜の木を描いた絵があったのです。
小学生の子供らが描いたのかと思ったら、なんと像が描いた絵だと言うのです。
市原像の国」の「ゆめ花(ゆめか)」が描いたそうです。
でも、像がここまで絵を理解して描けるのかと信じられませんでした。
しかし、テレビに描いているところが映っていたのです。

(これらの絵は像が描いたって信じられますか!)


(このテレビに本当に「ゆめ花」が絵を描いているところが映っているのです)


(芸術的センスは凄いです)

本当に驚きました。
本当に鼻に絵筆を挟んで描いているのです。
最後の仕上げで鼻をスタンプ代わりにして人間がポンポンと叩くように押していましたが、最初の構図から9割は像が自分で描いているのです。

しかも、桜の横に自分自身を描いている絵もあって、これには目を疑ってしまいました。
一体飼育員はどのようにして教えているのだろうか。
それでも絵を書くのは「ゆめ花」一頭だけだそうなので、「ゆめ花」に特殊な才能があるのだろうか。

(右下が自分自身も描いた絵)

でも、さすがに自分の絵はほとんど飼育員が・・・、と思っていたら、帰宅して「市原像の国」のホームページに掲載されているいくつもの動画を見ていたら、像の絵も「ゆめ花」が自分で描いていたのです。
これには本当に魂消ました。

「市原像の国」は高滝湖の近くなので、車で30分ぐらいと近いので、今度行ってみようと思いました。

13時過ぎに出発しました。
旗手を入れて6人で歩きました。
昨年はサッカーや野球クラブの子供らが多かったのですが、今年は一人もいないのがなんか寂しかったですね。

(昨年はここにCPがあったのですが、 旧白鳥小学校に移っていました)

最後の方で養老渓谷の谷底へ向かって下りになるのですが、71歳の方がリードしてそこから旗手も入れて皆走るのです。
私は外秩父七峰縦走の早歩きで付いて行きましたが、谷底に着いて平地になったところで歩きに戻したのです。
しかし、71歳の方と旗手の二人はその後も走って行ったのです。
その旗手もどうかと思ったのですが、71歳の方には呆れてしまいました。

(この橋から最後の上り)


(橋から下を流れる養老川を覗いた)

14:50 養老渓谷駅ゴール(25km)

ゴールには71歳の方がいたので最後の谷底から駅への上りも走ったのかと聞いたら、もちろん走ったと言うのです。
アンビリーバボ!です。

旗手の方は走ってしまって済みませんでしたと言うのです。
私は、最後ぐらいは自由で良いと思いますよと言いました。

もう、来年からは先頭の旗手は不要ではないでしょうか。
皆マイペースで歩きたいと思っている方が大半だと思うし。
過度な競争を危惧しているのでしょうか。
ゴールの準備が整う前にゴールされるのを避けたいのでしょうか。
それなら、他のウオーキングイベントでもやっているように、ゴールは何時以降と明記しておけばいいだけだと思いますが。
早く着いた方はゴールが開くのを休んで待っていると思います。

ゴールでも味噌汁のサービスがありました。
今年はちゃんと2本の箸があり、安心しました。
しかし、具がわかめと刻みネギなのです。


クオードの森のように筍入り味噌汁が良いのですが、無料なのでそれは贅沢ですね。
ありがたくいただきました。

(完歩賞はシールなのですが、数量誤算で無くなってしまったので、住所を書けば後日郵送するとの事でしたがそこまではと思い遠慮しました)

主催者のスタッフの皆様、大変お疲れ様でした。
また、大変お世話になりました。
お陰様で市原の里山を存分に楽しむことができました。
また、来年も参加したいと思います。

これでウオーキングは少しお休みしたいと思います。
次回イベント参加は11月上旬の日本スリーデーマーチですが、6月中に外秩父に参加した会社の仲間と「ばんや」目当てに富山三山を歩こうと思います。
| ぶんころびん | | 12:37 | comments(2) | trackbacks(0) |
| ぶんころびん | 2017/05/03 4:22 PM |
いきいき市原ワンデーマーチお疲れさまでした。
相変わらず筍入りの味噌汁…美味しそうですね。
何か優柔不断な旗手が先頭だとイライラしそうです。
こちらは、七峰の後の週に3日間連続の歓送迎会が影響してか風邪をひいてしまい、只今復帰に向け療養?中です。
とは言え少し良くなってきたので今日は、近場の川岸の土手を12キロほど歩いてきました。
まだ、速い時間だったのでバーベキューの場所取りのブルーシートが沢山置いてありました。
連休は、どこか少し歩いて見たいと思っていますが、来週に50キロがあるので股関節の状況もあるので山ではなく平地を歩こうと思っています。七峰で痛めた脛はほとんど痛みがなくなりホットしています。
そうそう、像の絵素晴らしいですね。いつか見に行きたいと思います。
| suiteki | 2017/05/03 1:48 PM |









http://bunkorobin.jugem.jp/trackback/682
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ アクセスカウンター

ジオターゲティング
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS