ぶんころびんブログ

KARTと山の記録や、日々思った事を書き綴ります。
<< 第645話 今年3回目の富山三山一巡り | main | 第647話 今シーズン初の地元41kmコース >>
第646話 日程決定:2017年 第32回 外秩父七峰縦走ハイキング大会

JUGEMテーマ:スポーツ




やっと今年の外秩父七峰縦走大会の日程が発表されましたね。
・開催日:4/23(日)
・参加料:無料
・定 員:7,000名
・申込開始日:3/1
・申込方法:インターネットのみ(恐らくSPORTS ENTRY

尚、予告通り2年継続の完歩と帽子の完歩賞がなくなりました。
特に2年継続の完歩認定が無くなったのは残念でなりません。
でも、認定は無くなっても、従来通り各峠の麓のバス停には複数年継続で完歩を目指す方用にバスを大増便してくれるのでしょうか。

個人的には、2年継続の完歩認定が無くなっても、それを目指す方は多いのではないかと思っています。
認定や賞の有無より自分の実績としての2年継続での完歩達成が遥かに大きいと思うからです。

しかし、もし全く通常の日曜日のダイヤ通りになるとしたら、本数が少な過ぎて待ち時間がとても長くなり、更にやっと来たバスに乗り切れなくて、またしばらく先の次のバスを待たなくてはならくなり、実質参加困難になります。
バス時刻表によると日曜日は一時間に一本程度のようです。

この大増便のバス運行費がコストとしてとても大きいので2年継続の完歩認定をやめたのだろうか。
恐らく完歩賞の帽子代よりもずっと高いと思います。

昨年その方針が公表された時にアンケートもあり、その中に参加料について「いくらぐらいが適切だと思う思うか」と直球の質問もあったので、私は確か1,500円と回答したと思います。
他のイベントと比較しても1,500円は全然高くないと思います。

もし、1,500円の参加料で7,000人が応募したとすると、参加料収入は10,500,000円になります。
これで増便バス運行費や完歩賞の品代、スタッフの日当など100%では無いかも知れませんが、大分賄えるのではないでしょうか。

もしかしたら、アンケートで無料の回答が多かった為、無料を継続する代わりに2年継続の完歩認定と完歩賞の帽子、バス増便を諦めざるを得なかったのでしょうか。
果たして、2年継続の完歩認定と完歩賞の帽子は無くなるとしても、バス増便だけは継続してくれるのでしょうか。
多少本数は減らしたとしても通常の日曜日よりは増やしてくれると嬉しいのですが。

これについては2月中旬の詳細発表を待つしかないですね。
その結果で3/1からの参加申込者数の大勢が決まると思います。

尚、宿は先々週にいつものラドンセンターを予約済みでした。
例年の実績から恐らく4/23(日)と予測したので。
正式発表を待っていては恐らく空きは無くなると思ったのです。
結果、大正解で安心しました。
| ぶんころびん | | 22:51 | comments(5) | trackbacks(0) |
| suiteki | 2017/02/10 9:58 PM |
> suitekiさん
「峠からのバスは増便しそうですが」と言うのはどこかに出ている情報ですか?
制度としての「2年継続での完歩」は無くなりますが、個人的な目標としての「2年継続での完歩」達成を目指す方はバスの増便状況次第だと思うので、その情報が確かであれば参加申込み者は比較的多いと思います。

佐久競歩情報ありがとうございます。
そうでした。往復の交通費(遠征費)も必要でした。
宿泊費は不要ですね。
もし、今年は佐久競歩へ参加される場合は詳しい情報をブログで期待しています。
| ぶんころびん | 2017/02/07 12:55 PM |
ぶんころびんさん、こんばんは。
峠からのバスは増便しそうですが、2年での完歩はなくなりそうですね。
ただ、なくなってしまう可能性もあるかなと思っていたので良かったです。
佐久強歩は、当時はスタートにちょうど良い時間に韮崎につく高速バスがありましたが、次の年にはなくなっていました。確かにお客さんは5名程度でした。
スタートから野辺山まで1000m登り、その後は400m下ります。
下りきったあとの平坦な区間がとてもきつく感じました。
佐久強歩は参加費に遠征費とハードルが高いです。
| suiteki | 2017/02/06 8:53 PM |
> suitekiさん
こんばんは。
各峠の麓までのバス増便がどの程度維持されるかによって、2年継続の実質完歩を目指す方の多少が決まると思っています。
もし、全く増便が無ければsuitekiさんの仰る通り1日完歩が可能な方々だけで、しかもトレラン組が多くなりますね。
走ってはいけない大会なのですが・・・。
これまでの七峰縦走と全く様子が異なる大会になりますね。
それが良いのか悪いのか?

佐久競歩をネットで見たら面白そうですね。
距離78km、標高差約1,300m、これはチャレンジしがいがありますね。
でも、参加費が4,000円もするんですね。(>_<)
いつか私もチャレンジして見たいです。
| ぶんころびん | 2017/02/05 5:55 PM |
ぶんころびんさん、こんにちは。
七峰は、なくなってしまうかと思っていました。
私は、25回大会に初めて参加しとても衝撃を受けたイベントだったのでぜひ存続して欲しいと思っていたので少しホッとしました。ただ、1日で完歩しなくてはならなくなったので参加にあたってはハードルが上がってしまいますね。
恐らくこれまで以上にトレラン組が多くなるのではと思います。
無料でなくて良いのですが…
以前一度七峰を浮気して出た同日のイベントである佐久強歩にも興味があるので今年はどうしようか考え中です。

| suitei | 2017/02/05 2:55 PM |









http://bunkorobin.jugem.jp/trackback/670
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ アクセスカウンター

ジオターゲティング
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS