ぶんころびんブログ

KARTと山の記録や、日々思った事を書き綴ります。
<< 第644話 どうにかならないのか日韓関係 | main | 第646話 日程決定:2017年 第32回 外秩父七峰縦走ハイキング大会 >>
第645話 今年3回目の富山三山一巡り

JUGEMテーマ:スポーツ


(富山登山道を登り始めた所の雪。見えるかな?)

今年ノーウエイトで2回続けた富山(とみやま)三山一巡りですが、いよいよウエイトを担いで一巡りへチャレンジする事になりました。
前回のノーウエイトでの一巡りが4時間55分だったので、6時間を切れれば御の字だと思ってました。
また、いくらウエイトを担いだとしても、ノーウエイトの初回6時間31分よりも遅い事は無いだろうとも思っていました。

1/23(月)当日は朝事情があって家を出る時間が今年一番遅くなってしまいました。
その為、今年初めて高速(館山自動車道)で行ったのですが、降り口で料金が電光掲示板に表示されてビックリ。
1,410円もしてたんですね。
もちろん、ETCカードなのでその場で払う訳では無いのですが、500円〜600円の感覚だったので。
帰りはもちろん下道で行く事にしました。

鋸南富山(きょなんとみやま)ICで降りたらなんか白いものがチラチラ飛んでいるのです。
「まさか雪じゃ無いよな、天気予報で雪が降るなんて言ってたかな? もしかしてこれが雪虫というやつだろうか。でも、千葉県に雪虫なんかいないよな〜。」
などと言いながら富山(とみさん)の市営駐車場へ向かってました。

しかし、駐車場に着いた時には既に止んでたのです。
車を降りたら意外にも結構寒かったです。
準備をしている間にまた白いものが舞ってきたのです。
良く見たら雪だったのでビックリしました。
でも、いくら何でも積もる程の雪になる事は無いだろうと思って気にしない事にしました。

(改めて現状のコースで精度を上げて計測したら24.43kmでした)


09:55 スタート 富山(とみさん)市営駐車場

駐車場から出る辺りから突然凄い降りになったのです。
この勢いだとマジで積もっちゃう可能性があるので、ノーマルタイヤの車で帰れなくなってしまうかも、と心配になりました。
その後は止んだかと思うとまた降ってきたりの繰り返しでした。

雪の心配でウエイトを担いでいる事を忘れていました。
登山道の急勾配に入り、やっと背中の重さを思い出しました。
無理せず、ゆっくり目に登りました。

途中で男性一人と女性3人のグループを追い越しました。
会話を聞いたら男性はガイドのようでした。
こんな低山でもガイドが必要なのか疑問でしたが、まあ初めての人はガイドブックを見ても心配な人もいるので、しようがないですね。

10:39 富山南峰 観音堂

境内に着いた時に雪は上がってました。
見上げたらまだ曇ってはいました。
ゆっくり登った所為もあったと思いますが、足には思ったほど負荷は無く安心しました。
お詣りして出発しました。

10:51 富山北峰 展望台

ここから突然雲間が開けてお天気になったのです。
日が差してきた為、少し暖かくなってきました。
残念ながら、富士山は全く見えませんでした。

(富士山は見えないのですが久里浜は見えました)

東斜面の登山道を少し勢いを付けて下りました。
もちろん、ウエイトを担いでいるので前回と比べれば全然遅いです。
水車小屋の最低地点から0.5山も焦らず登りました。

(0.5山山頂の夏みかん? 八朔?)


(梅も咲き始めてました)

11:39 六地蔵登山口

一休みして二山目の登りに入りました。
ここで初めてウエイトの影響を感じるようにまりました。
平群天神社登山道との合流点手前で一休みせざるを得ませんでした。

ここから肩の東屋の間で男女のグループを追い抜いたのです。
挨拶したらなんと富山(とみさん)で会った男性ガイドと女性3人組でした。
私:「あれっ? 富山でお会いしましたよね。」
男性ガイド:「自分らは車で来たんだけど、歩いて来たの?」
私:「はい、もしかして御殿山も行かれるんですか?」
男性ガイド:「いや、恐らく時間が無いので。お宅は行くんですか?」
私:「はい行きますよ。」
男性ガイド:「ほおー、一巡りするんだ。」

一巡りと言う言葉を他人から聞くのは初めてだったので嬉しくなりました。
男性ガイド:「電車で来たの?」
私:「いいえ、富山の市営駐車場に車を停めてます。」
男性ガイド:「じゃ御殿山からの帰りはバス通りを歩いて帰るの?」
私:「はい。」

恐らく「こいつバカじゃないの」と思ったんだと思います。
しばらく会話が途切れたので、お互いに頑張ってと言って別れました。

肩の東屋と眺めの良い斜面側のテーブルは既に占有されていたので、立ったまま一休みして、鎖場/ロープ場に取り掛かりました。

12:13 伊予ケ岳

狭い山頂には二グループいたので、一休みして直ぐ降りました。
途中いつもの祠へ寄る為登山道とは逆側の斜面を下ろうとしたら、前で鎖場の空きを待っていた女性が気付いて、そちらにも登山道があるのかと聞くので、小さな祠があるのでお詣りするだけと言ったら、少し驚いて私も付いて行っていいかと言うのです。
ダメとは言えないので、階段が崩れていて危ないので気を付けるよう言って私の後に付いて下りてきました。
「あら、こんな所にこんな祠があったんだ!山頂の柵も見えるのね!」と感心してました。

登山道へ復帰したら女性4人と男性一人のグループが鎖場を降りていました。
焦らすと危険なのでずーっと後ろに並んでいたのですが、一人一人の降りるスピードの遅い事!
先に降りた女性が足の置き場をそっちじゃ無いあっちじゃ無いと一々指示するので、もう完全にタイムは諦めました。
次の鎖場との間で先に行かせてくれる訳でも無く、また上り優先なのでしばらく上りのグループを待っていたら、なんと登ってきたのは先ほどの男性ガイドのグループでした。

ちょうど一緒に祠へ降りた女性が追い付いて話していた時だったので、目で挨拶しました。
渋滞を待ってる間その女性と話したら、彼女は肩の東屋がある尾根の反対斜面の峯岡林道から週に2,3回登っていると言うので驚きました。
峯岡林道の麓側に住んでいることもあるけど、峯岡林道の方が反対斜面の登山道よりなだらかだから登り易いと言うのです。
それにしたって、週に2,3回は凄いです。

鎖場/ロープ場を過ぎてからはスムーズに下れました。

12:48 平群天神社

お詣りして伊予ケ岳へ向かいました。
今回もお腹が空かないのですが、この寒さの影響もあると思うのですが、ここまで水を一滴も飲んでないのです。
喉が乾かないので飲みたいと言う気にならないのです。

この状態で帰宅して冷蔵庫へペットボトルをしまおうとすると、よく女房に「なんで水分補給しないの! 老人なんだから脱水症状を発症して突然倒れるよ!」言われるのです。
なので、少し無理して飲まなきゃと思っているのですが・・・。

13:16 安田橋

最後の一山です。
足はどんな状況だろうかと心配しながら登ったら、やはり大分来ていましたが、思ったほどではありませんでした。
尾根の大黒様までの登りでは1箇所だけの休みで済んだのは予想外でした。
大黒様でお詣りして直ぐ出発しました。

14:02 御殿山

ここで初めてペットボトルを開けて一口飲みました。
本当は全く欲しくは無かったのですが、女房に「突然倒れる」と言われて少し心配になったので、もう一口飲みました。
ここで汗をかいた長袖と半袖のTシャツを着替えて、山頂の祠にお詣りして下りました。

(御殿山山頂の祠)


(御殿山山頂のマテバシイ)

14:34 安田橋

ノーウエイトならここから約1時間半でゴールなのですが、ウエイトを背負っているので2時間としたら16:30頃のゴールです。
これなら薄暗くなりますが、ギリギリセーフだと分かり、一安心しました。

前回ノーウエイトの時は福満寺まで途中休まずに歩けたのですが、今回は無理せずほぼ中間地点の犬掛交差点で一休みしました。

15:25 犬掛交差点

5分ほど休んで最後の一区間へ出発しました。
少しラストスパート気味にスピードアップしたのですが、ちゃんと足が付いて来てくれました。
また、呼吸も苦しくなったのですが、なんとか持ちました。

16:03 福満寺

今回も無事一巡りできた事を感謝してお詣りしました。

16:14 ゴール 富山(とみさん)市営駐車場

所要時間:5時間23分 → 6時間19分

計算ミスに気付きました。
逆算してみたら、富山北峰展望台到着時刻をスタート時刻として計算していました。
なんでこんな単純なミスをしたのか不明です。m(_ _)m

ウエイトを担いでの自己ベストは5時間31分(2010/1/30)(第317話)なので、48分も遅かった事が分かりました。
尚、当時は福満寺のバス通りを挟んだ向かい側の駐車場に停めていたので、現在より約700mぐらいも短いのです。
往復で1.4kmになります。
また、伊予ケ岳の鎖場の渋滞が無ければもう10分ぐらいは短縮できたのではないかと思いますが、こればかりはどうしようもありません。
それらを考慮したとしても自己ベスト更新は不可能でした。

一時は7年振りの自己ベスト更新と喜んだのですが、やはりこの歳ではもう無理ですね。
それはこれまでも承知していて無理せずに歩いていたのです。
やはり、その考えは正しかったですね。
但し、少しでも近く自己ベストへ近付く努力はもちろん継続です。

次回はどこを歩くか、まだ未定です。
| ぶんころびん | | 13:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
| ぶんころびん | 2017/01/31 11:36 PM |
ぶんころびんさん、こんばんは。
今年三回目とは、飛ばしますね。それにスピードも凄いです。
黒ニンニクパワー…も凄いでね。
私も以前サプリで黒ニンニクをとったことがありますが、おそらく成分的には少なかったと思いますが、持久力に効果があるように感じました。
明日から2月、3月に走ったことのないハーフマラソンに出るのでそろそろ走ってみようと思っています。
制限時間が2時間40分なので歩きだけでは厳しそうです。
| suiteki | 2017/01/31 10:50 PM |









http://bunkorobin.jugem.jp/trackback/669
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ アクセスカウンター

ジオターゲティング
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS