ぶんころびんブログ

KARTと山の記録や、日々思った事を書き綴ります。
<< 第636話 紅葉狩りウオーキング | main | 第638話 2017南房総フラワーマーチへ応募しました >>
第637話 3ヶ月振のカート練習走行

JUGEMテーマ:スポーツ



12/8(木)に会社の休みが取れたので久々にカート練習走行に行ってきました。
いつ以来かを調べてみたら、9/3(土)のGEN CUP Rd.4以来だったので丸3ヶ月振でした。
Rd.5が日本スリーデーマーチとバッティングしたり、こちらの都合とサーキットのスケジュールが合わなかったり、いろいろな事情があったのですが、それにしても3ヶ月は酷いですね。
スキルや勘の維持どころか、どんどん失われてしまいます。

カート用の筋力も同様です。
ウオーキング用の筋肉と遠心力に耐える筋肉は全く異なります。
ウオーキングは主に足の筋肉ですが、カートはコーナリングの遠心力から上体を支える脇腹や腕の筋肉、ブレーキング時に上体を支える腕と胸の筋肉、頭が遠心力で持って行かれないようにする首の筋肉です。
そんな訳で当日は午後半日の走行とし、最初は勘を取り戻すところからゆっくりじっくり始めるつもりでした。

当日の天気はこの時期にしては暖かいほうで風もほとんど無く、カート日和と言っていいお天気でした。
平日なので10台ぐらいしかおらず走行時間分けも無く、ほとんど貸切状態でした。

パドックに行きTさんに挨拶したら、いきなり体重を聞いてきたのです。
72kgと答えたら、「このカートは10月に70kgの方が42.2秒出したカートです。」と言うのです。
こちらの気持ちを察していきなりプレッシャーを掛けられてしまいました。
但し、GT300参戦のプロドライバーだそうです。

(とてもいいカートです)


(わざわざカートに書いてる!)

そうは言っても最初からタイム狙いでなんか走れません。
まず各コーナーを基本に忠実に走る事から始めました。
しかし、まず最初はタイヤがグリップしませんでした。
3,4ラップしてやっと本来のグリップが出てきたので、レコードラインを外さずCP にもぴったり着けることを意識して走りました。

また、2,6コーナーは早めのブレーキングと直線部分でブレーキをリリースしての早めのコーナーIN。
3コーナー,モナコヘアピンではブレーキングを少し残しながらのコーナーINと各コーナーの走り方を思い出しながら走りました。
但し、Tさんはブレーキングを少し残しながらのコーナーINを認めている訳ではありません。

しかし、ブレーキングポイントもアクセル踏み始めポイントも毎回異なるバラバラのとても酷い走りでした。
ラップタイムも毎回0.5秒ぐらいは変動するのです。

最初は10分も持たなくてパドックに戻ったら、案の定Tさんには言われまくりでした。
3ヶ月振だから仕方ないですよね、とか3ヶ月振なら最初はそんなもんでしょう、などと言った慰みなんかは一切無しです。(^^;

でも、まだ率直な厳しいアドバイスをいただけるのはありがたい事です。
こんな定年再雇用のおっさんがレンタルで乗ってるなら普通は「適当に楽しんでてください」と言った感じで何も言わないか、適当に褒めると思います。
しかし、それでは一切向上しません。
私も走る以上は少しでもタイムアップし自己ベスト更新を狙っているので、それは本望ではありません。

それにしても毎回同じ事を言われる成長の無い自分にはかなり嫌気が差すし、恥ずかしくもなります。
才能が無いなら練習量で補うしかないのに、3ヶ月振なんてありえないですよね。

何回か乗ってる内に段々勘は取り戻して来たのですが、それでもパドックに戻るとTさんから容赦の無いアドバイスが飛んで来ます。
それはドライブに関する事だけでは無く、体重についてもです。
確かに一切米を食べず、お酒も飲まなければ確実に落とせると思います。

今でもお昼はご飯を食べすおかずだけの弁当で、夜はご飯を食べますが腹八分目に抑えています。
お酒は火木の週2日はアルコール休肝日にしています。
これを言ったらTさんは「週5日は呑んでるんですね。」と言うのです。
但し、何を最優先にするかは私の価値観/人生なので強制はできないが、速くなりたいなら・・・、と言うのです。
これは難しいですね。
直ぐに結論は出せません。

結局、当日は終了30分前の16時に上がりましたが、クラス分けも無かったので103ラップでき、ベストラップは43.268秒でした。
一周につき約1秒も遅いのです。
笑ってしまいます。
しかし、まだまだ諦めませんよ。

(NTCブログから拝借)

ところで、来年のレンタル100クラスは、リストリクタ無しになり、規定重量は145kgになるようです。
規定重量145kgに関しては、私向けの変更で嬉しいのですが、今の再雇用の給料ではレース参戦は叶いません。(T_T)
リストリクタが外れる事はスピードアップに繋がるので、より魅力的なレースになると思います。

そうなると、SSクラスとレンタル100クラスは何が違うのか、となります。
Tさんにそれを聞いたら「新車と50万km乗った車の違い」と言うのです。
つまり、同じ車両規則でも経年変化と言うか、ヘタリ/やつれがあるのがレンタル100クラス、と言うのです。
なる程ですね。

但し、フレームやエンジンにしても何年以前モデルとか、レース何戦使用とか具体的な規定が無いのです。
例えば、5年前のものもあれば10年前のものもあるのです。
そこがショップによる差異、及び同一ショップ内でも差異を許す温床になります。

タイヤにおいては、Newタイヤ禁止とは書いてないのです。
ただ、費用が嵩む事になりレンタル100クラスの主旨に反するので、あからさまにテカテカのNEWタイヤを付けるショップは無いのですが、一皮剥いたものでも3分山のものでもあり得るのです。

しかし、タイヤは具体的に何分山以下のものと具体的に示す事が困難です。
ピットの深さを計測しても正確には無理だし、ショップにちょうどその山のタイヤが参加台数分揃っているとは限らないからです。
なので、タイヤに関しては差異は止むを得ないですね。

この車両規則変更が、現状の勢力図に変化をもたらすのか、もたらさないのか、来年のレンタル100クラスはとても興味深いですね。
| ぶんころびん | KART | 19:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
| ぶんころびん | 2016/12/10 10:56 PM |
お疲れ様でした。

僕も、今月か来月に練習に行く予定なので、Tさんからの言葉受けてきます笑

来年のレンタル100ですが、気になりますね。
また某チームAの独走にならないといいですが。。。楽しみです。
| zwards | 2016/12/10 8:44 PM |









http://bunkorobin.jugem.jp/trackback/661
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ アクセスカウンター

ジオターゲティング
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS