ぶんころびんブログ

KARTと山の記録や、日々思った事を書き綴ります。
<< 第609話 ヘッドホン | main | 第611話 外秩父本番前最後のトレーニング >>
第610話 第2回多摩川ウオーキング(プライベート)
JUGEMテーマ:スポーツ

(羽村駅)

一週間前ですが、4/2(土)に会社のウオーキング仲間のIさん、Tさん、Sさんと多摩川堤防を歩いてきました。
このメンバーと多摩川を歩くのは2014/10/4(第533話)以来の1年半振りの2回目でした。
前回は羽村〜雪谷大塚の銭湯の約44kmでした。
今回は羽村〜下丸子駅の約44.5kmです。
このウオーキングの目的は、4/24(日)の外秩父七峰縦走ハイキング大会へ向けてのトレーニングです。
このメンバーは昨年初めて外秩父七峰縦走ハイキング大会へ参加し、IさんTさんは一回完歩したのです。(第565話)
前回の多摩川ウオークでは、完歩したのは私だけで、3人は登戸でギブアップし電車で雪谷大塚の銭湯へ来たのです。
歩行距離としては羽村〜登戸駅の約32kmでした。
果たして、今回は完歩出来るのか。

ところで、前回は同時にスタートしたのですが、今回は次のように同時にゴールできるようにスタートをずらしました。

<スタート>
・Iさん、Tさん、Sさん:7:30
・私:9:30

<ゴール>
・全員:17:00

つまり、平均速度は次のようになります。
・Iさん、Tさん、Sさん:4.7km/h
・私:5.9km/h

Iさん、Tさん、Sさんは昼食休みの他に一時間に一回休む事想定すれば、実質時速5km/hぐらいで歩けば良い事になり、これは実現可能だと思いました。
私も昼食と2,3時間に一回は休むので、実質6.5km/h以上で歩かなくてはなりません。
これはかなり厳しいと思いました。

3/5の南房総フラワーマーチ初日35kmでは平均時速7.1km/hで歩きましたが、飛ばし過ぎた為後半15kmは足の筋肉が痛くてボロボロでした。
今回は44kmを時速6.5km/hなので、本当に最後まで時速6.5km/hで歩き通せるのか、全く分かりませんでした。
但し、南房総フラワーマーチに続き、高速歩行の良いトレーニングにしたいとは思っていました。

前日まで天気予報では羽村は曇りのち雨マークだったのですが、当日朝に7時から9時が曇りのち雨ですが、9時以降は曇りマークに変わったのです。
これはとてもラッキーでした。
堤防は日陰が無いので晴れるとバテるのです。
カンカン照りは以っての外です。
南房総フラワーマーチへ参加する前は東京国際スリーデーマーチへ参加していましたが、東京国際スリーデーマーチでは5月のGW中に多摩川堤防を2日間異なる区間を歩きました。
5月なので天気が良いと炎天下の砂漠を歩いているようにバテバテでとてもハードでした。
(東京国際スリーデーマーチがツーデーマーチに縮小され、最長距離も40km→30kmに短縮された為魅力を感じなくなり、当時最長距離が40kmの南房総フラワーマーチ(ツーデーマーチ)へ変更したのです。(第375話))

当日は地元光風台駅を6:28発で羽村駅には9:17分に着きました。
駅から堤防までは5分ほどで着きました。
そしたら、ちょうど桜祭りでした。

以降の多摩川沿いの至る所の公園の全てが桜祭りで、公園以外の堤防の桜もほぼ満開で、意図せず最高のタイミングでのウオーキングとなりました。
これで、快晴だったならもっと人出も多く、桜も青空をバックに凄くきれいだったろうと思いました。
歩くのには厳しいですが。

(羽村堰から始まる玉川上水)


(スタート地点)

9:34 スタート:羽村

最初は時速6.7km/hで快調に歩いてました。
何故分かるかと言うと、iPhoneのアプリ「SpeedTracker」でリアルタイムに移動速度や平均速度、移動距離が分かったからです。

(SpeedTrackerのアイコン)

数日前にApp Storeで購入して当日初めて使ってみたのですが、これは素晴らしいですね。
スピードメーターのグラフィックも動きも滑かで、トリップコンピュータやマップは全て日本語表示です。

(実際は日本語表示です)

マップには、通ったラインが表示されるのですが、車だったら信号で止まったところは赤くなり、渋滞でトロトロ進んだところはオレンジ、快適に移動したところはグリーンと色で進行状況まで分かるのです。
もちろん、保存可能です。
更に、HUD(ヘッド・アップ・ディスプレイ)で、車のフロントガラスに写って正常に見えるように鏡像で表示する機能まであるのです。

(マップも日本語表示です)

但し、当日は既に羽村までの電車内で三時間近くも使っていたし、メンバーとメールや電話で何回も連絡を取らなくてはならなかったし、GoogleMapsで何回も現在位置を確認するので、バッテリーの持ちを心配してテスト的に歩き始めの1時間ぐらい使っただけでした。

私はカーナビにもiPhoneのGoogleMapsを使っていますが、昨日車で初めて SpeedTrackerを使ってみたら、車のスピードでも全くリアルタイムで問題ありませんでした。
これは、アプリのSpeedTrackerもさることながらGPS電波精度の向上やiPhoneの受信性能向上、CPU処理能力が高速化した事が大きいのでしょうね。

しかしながら、桜の美しさには写真を撮らざるを得ず、所々でカシャカシャしてたので平均歩行速度はもっと低かったと思います。







(福生市のゆるキャラ「たっけー」。福生市は竹なんだ)





12時前にIさんからメールがあり、Tさんと一緒に歩いていて、四谷橋の辺りで昼食をとると連絡がありました。
それを受けてSさんから南武線を過ぎた所でここで昼食にするとメールがありました。
私は日野橋です、と返信しました。

その時は四谷橋ってどこ? とGoogleMapsで探したのですが、良く分かりませんでした。
南武線もスクロールしても出てこず、IさんとSさんでどちらが先にいるのかや、私とどれくらい離れているのかも分からない状況でした。
やはり、土地勘が無いとダメですね。

今、iMacのGoogleMapsで落ち着いて探してみると、私がいた日野橋(14.3km地点)とIさんTさんがいた四谷橋とは3.8km、Sさんの南武線とは約8kmも離れていたんですね。
ゴール後にSさんに聞いたら、前回同様ストックを使ってノルディックウオークしていたとの事だったので、やはりノルディックウオークは速いですね。






京王線の高架(約19km地点)を潜る辺りから、両足の筋肉が痛くなってきたのです。
特に右足の膝裏から上の筋肉が痛いのです。
これは南房総フラワーマーチ初日の海岸へ出た20km地点での状況と同じでした。
やはり6km/h以上のハイペースだと20km前後が限界のようでした。

南房総フラワーマーチではそれでも平均時速7kmはキープしたのですが、今回は本番では無いので無理せずスピードを落としました。
一時的に SpeedTrackerを立ち上げて確認したら5.0km/h〜5.5km/hでした。
休みの間隔も1時間ぐらいに短くして、痛んだ足を揉むので休む時間も少し長くしました。
これで、17時ゴールは無理だなと諦めたのです。

(ここはバーベキューも出来るんですね)


(その反対側は花見)


(対岸の桜並木も凄い!)






(はなずおう?)

しかし、それからある一休み後に歩き始めたら、? ? ? 痛みがほとんど消えているのです。
恐る恐るスピードを上げていったらまた6.5km/hで問題無く歩けるようになったのです。
これは一体どうしたんでしょうか。
不思議です。

小田急線(約31.7km地点)を過ぎた辺りで200mほど先にしきりに後ろを振り向く二人組がいる事に気付きました。
恐らくIさんとTさんではないかと思いましたが、メガネを持って来てないのでもっと近付かないと分からないのでこちらから手を振れないのです。
それにしても、事前の計画ではほぼ17時の同時ゴールなのに、なんでこんな12km以上も手前にいるのか、やはり別人だろうかと思いました。

しかし、更に近付いたらやはりIさんとTさんでした。
「なんでこんなところを歩いているんですか!」と言ったら、「いつ来るか、そろそろ来るんじゃないか」と気になって振り向いてばかりいたと言うのです。
時速5km/hで歩けば17時に同時ゴールなのにどうしたのかと言ったら、やはり疲れたけど何とか下丸子まで歩くと言うのです。

でも、時間を見たら15時だったので、あと12kmを2時間で歩かないと17時までに着かない、私のこのスピードが6km/hなので、私と一緒に歩かないとダメだよ! と言いました。
そしたら、じゃ二子玉から直接新橋へ行くかな、と言うのです。

実は、今回は歩きのゴールは下丸子駅ですが、その後の銭湯は新橋の金春湯(こんぱるゆ)で、反省会はその近くの焼肉店を18:30〜20:30(2時間飲み放題)で予約していたのです。
どちらもIさんお勧めで、金春湯は創業文久三年で新橋駅東口徒歩5分です。
焼肉屋は新橋西口徒歩1分です。

計画では、下丸子駅に17時までにゴールして、下丸子駅 → 新橋駅へ移動して17:30に金春湯に入り、18:15に銭湯を出て、18:30に焼肉屋さんへ到着、と言うキツキツのタイムスケジュールでした。
なので、下丸子駅に17:00までに着けない場合はどこか途中の駅から直接新橋へ向かう事にしていたのです。
だから、IさんとTさんは二子玉から新橋へ向かうと思っていたのです。

一方私は前日に下丸子駅の隣の鵜の木駅近くに住むAに連絡していました。
急で悪いけど明日多摩川堤防を歩くんだけど、良かったら一緒に歩かないかと。
Aは大学時代の友人で、毎年当時の仲間6,7人で忘年会または新年会をやっています。

Aとは2012年,2013年と日本スリーデーマーチ(第493話)にも一緒に体育館に泊まって参加しており、昨年は外秩父七峰ハイキング大会にも参加しているのです。
但し、Aは当日朝自宅から出発した為、もろに一山目と二山目の渋滞に巻き込まれて途中で退散となりました。
前泊しないと渋滞回避は難しいと事前に言ってはいたのですが、その酷さは実際に体験しないと分からないですからね。

そのAは羽村からは無理だけど、私が東名高速(34.5km地点)へ来たらAへ連絡すればAは二子玉(37km地点)から私の方へ歩いて来ると言うのです。
そうすれば途中で必ず出会うので、そこから一緒に下丸子駅まで歩く事にしていました。

そのAとはIさんとTさんを追い抜いて10分後ぐらいに会えました。
そこからは二人で延々と話しながらの楽しいウオーキングでした。




しかし、Aの歩行スピードは予想外に速くて、付いていくのが結構厳しかったのです。
恐らく 6.5km/hは出ていたと思います。
一人ではそこまでは出せなかったと思います。
Aに引っ張ってもらったお陰で、堤防から下丸子駅へ向かって街中も無駄なく迷いなく歩けて、ギリギリ目標時間内にゴールできたのです。

16:57 ゴール:下丸子駅

本当にAには感謝でした。
Aのリードが無ければ17時までには着けなかったのは確かでした。
新橋の銭湯と焼肉にも誘ったのですが、残念ながら遠慮されてしまいました。
あまりゆっくりしてる時間は無いので、Aには悪かったのですが、ちょうど来た電車へ乗って蒲田経由で新橋へ向かいました。


新橋に着いてiPhoneのGoogleMapsで金春湯までの経路を検索しました。
しかし、GPSは都心のビル街ではダメですね。
自分がいる現在地の場所がかなりずれているし、進む方向もマップがクルクル回って良く分からないのです。
高いビルで電波が遮られたり、反射したりで正確な位置が出ないのです。
更にバッテリーが10%を切っていました。

なんとか苦労しながらやっとマップが示す場所へ来たのですが、そこには酒屋さんしかありませんでした。
止む無く酒屋さんへ入って場所を聞いたら、一本向こうの通りだと言うのです。
この辺は碁盤の目の通りなので、言葉で一本向こうと言ってもどっちへ一本なのか分からず、再度聞こうとしましたが接客中だったので諦めて、その先のお店でまた聞いてやっと金春湯に辿り着きました。


創業文久三年に期待して入りましたが、普通のビルの1階でかつ当然ながら中は極普通の現代的な造りでした。
また、中の広さも普通の銭湯に較べて二回りぐらい狭いのです。
浴槽も普通の浴槽とジャグジーの2種類ありましたが、どちらもとても狭いのです。
それでも、こんな都心で460円と安い銭湯に入れるのは得した気分になりました。
汗も流せて、もっとゆっくり熱い湯に浸かっていたかったのですが、銭湯を探すのに予想外の時間が掛かった為、15分ぐらいで出なければなりませんでした。

ところで、既にIさんTさんSさんの3人が入っているものと思って銭湯内を見回したのですが、Sさんは湯船に入っているのを見付けたのですが、IさんTさんはいませんでした。
Sさんに聞いてもやはり見てないと言うのです。
Sさんは二子玉の先まで歩いたのですが、膝の関節が痛くなったので諦め、近くの尾山台駅から電車に乗って来たそうで、I さんTさんとは別行動でした。

Sさんと銭湯を出て駅西口の焼肉屋へ向かいました。
私のiPhoneはバッテリーが切れる寸前なので、SさんのiPhoneで検索してもらいました。
しかし、やはりビル街ではGPS電波が遮られたり乱反射してさっぱり分からないのです。
困りましたが、マップの中に以前このメンバーで飲み会をやったホテルの名前を見付け、そことの位置関係で焼肉屋さんの大体の場所が分かりました。
そのお店の前に着いたら、予想してた外観とは異なっていたので一瞬間違えたかと思ったのですが、看板を見たら正解でした。


席に座ってiPhoneを見たらメールが来てて、開いたらTさんからで、Iさんと下丸子駅近くの銭湯に入って、今電車に乗ったので30分ぐらい遅れるので先にやっててと書いてありました。
なんと、てっきり二子玉から電車で新橋に向かったと思っていたのですが、あの後下丸子駅まで歩いたんですね。

お店のスタッフへ先に飲み放題のビールを頼んだら、ネットで予約/購入したチケットの予約番号が分からないと始められないと言うのです。
それはIさんが持っているのです。
別会計で単品のビールなら出せると言うのですが・・・。
仕方がないので、じゃ30分ずらして19:00〜21:00にしてくださいと言ったら、それはできないと言うのです。
終わりは20:30で変更できないと。
先に入っていた2組の客も既に帰って私らだけになり店内は閑散としていたのに、全く融通が利かないですね。
頭に来てお店を変えようかとも思ったのですが、既に Iさんがネットで4人分を立て替えてチケット購入していたので、諦めてIさんとTさんが到着するのを待つしかありませんでした。

19時少し前にやっとIさんとTさんが到着してチケットを出し、やっとビールとお肉が一斉に出てきました。
但し、ビールはジョッキ生は無く、瓶ビールのみでした。
もう早くビールが飲みたくて、この際なんでも良くなりました。
乾杯して飲むビールは最高に美味しかった!
焼肉は食べ放題では無く、質の良いものだったのでかなり満足でした。

今回のウオーキングは、IさんTさんは初完歩できたし、Sさんは前回登戸からはかなり距離を伸ばしたし、私も平均時速6km/hを達成して目標時間内にゴールできたので、皆がそれぞれ成果があってとても良かったと思います。
この成果が各人の外秩父本番へ結び付く事を祈っています。

| ぶんころびん | | 00:49 | comments(4) | trackbacks(0) |
| ぶんころびん | 2016/04/12 8:43 PM |
ぶんころびんさん、こんにちは。
我が母校は小田急線の鉄橋の少し上流左岸にあります。
この辺りは近くに撮影所があったためかよくロケをしていました。
当時太陽にほえろや時代劇などよく撮影していました。
近くに川の中に五本松と言う松林があり時代劇の撮影時にはいつもはないお地蔵さんや茶屋などが出現していましたよ。
| suiteki | 2016/04/12 12:51 PM |
> suitekiさん
いつもコメントありがとございます。
仲間とのウオーキングは反省会まで入れて本当にいいですよね。
途中にsuitekiさんの母校もあるんですか。
すぐ近くにこんな多摩川があるなんて、うらやましいです。
ウオーキング、サイクリング、野球、バーベキュー、お花見、散歩、なんでも出来ますからね。
こんなスーパーなところは私の近くにはありません。

そうです。あとは天気ですね。
雨さえ降らなければいいのですが。
| ぶんころびん | 2016/04/11 11:15 PM |
ぶんころびんさん、こんばんは。
仲間でウォーキングそして銭湯、反省会と最高の一日でしたね。
私も職場の同僚と年に1度くらい20キロ位歩くことがありますが、いつものガツガツ感がなく話しながら歩けとても楽しいひと時です。
多摩川の堤防は、年に1度は歩いていますが、信号もなく日影もなく天候次第では、結構きついコースですよね。
途中で、わが母校(高校)の脇を通るのですが、特に冬場の部活の練習で良く堤防を走っていたのでいつもとても懐かしく感じます。
今日は、イベントで20キロ歩いてきました。
気温も高く、練習不足もあり距離の割には結構きつかったです。
七峰…天気が良いといいのですが…
| suiteki | 2016/04/10 9:31 PM |









http://bunkorobin.jugem.jp/trackback/634
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ アクセスカウンター

ジオターゲティング
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS