ぶんころびんブログ

KARTと山の記録や、日々思った事を書き綴ります。
<< 第153話 日産 GT-R、筑波ラップ更新 | main | 第155話 本うレ・スクール >>
第154話 オートマブレーキ事故根絶には
JUGEMテーマ:車/バイク


(写真:教習所で最初から教えれば・・・)

オートマのブレーキ踏み間違い事故が時々発生しています。
ブレーキを踏んでるつもりでアクセルを踏んでしまったのが原因のようです。
ブレーキ踏んでるのに車が進むので、焦って更に強くブレーキのつもりでアクセルを踏むので暴走のように突っ込んでしまい被害が大きくなってしまいます。
屋上の駐車場から車止めを越えてフェンスや壁を破って地上へ落ちたり、歩道に乗り上げて歩行者を薙ぎ倒したり、お店に突っ込んだり、・・・。


そこで提案です。
既にオートマがデファクトスタンダードな時代になって久しいと思います。
教習所でもオートマで教習する時代になりました。
(今はマニュアルよりオートマ免許が多いのでしょうか)
ならば、左足ブレーキを必須に変更してはどうでしょうか。
右足はアクセル専用、左足はブレーキ専用、とするのです。
従来の方法は右足でアクセルもブレーキも踏むので、勘違いを可能とする下地があります。
でも、左足ブレーキ方法は踏み変えが無いので、踏み間違いによる事故を根絶できるのではないでしょうか。

私はカートをやるようになって、車も左足ブレーキに変えました。
それは微妙な踏み加減を少しでも早く身に付けるのが目的でした。
お陰で今ではかつての右足ブレーキと同様にコントロール出来るようになりました。

但し、既に右足ブレーキに慣れた方々を左足ブレーキへ変えるのは難しいと思います。
切替時には不慣れから逆に事故を誘発する可能性もあります。

なので、これから新たに免許を取る方から適用するのです。
最初から左足ブレーキで教習を受ければ、それが当たり前になるので問題は無いと思います。
左足ブレーキで教習を受けた人に全て入れ替わるまでには60年ぐらい掛かると思いますが、その間にも踏み間違いにより何の罪も無い人々の貴重な命を何名か救えるのではないかと思います。

尚、左足ブレーキを実現するには、二つ条件があります。
一つは、ブレーキペダルの位置を変える事です。
現状のブレーキ位置で左足ブレーキをすると、フットレストから遠い為、街中や危なそうなところでは即ブレーキが踏めるように常にブレーキの上に左足を触れない状態で維持しておく必要があります。
つまり、左足吊上げ状態を続けるのです。
しかし、それには普段使ってない筋肉を使うので、最初はこれが結構辛いのです。
今ではその筋肉も付いて来たようでだいぶ慣れて来ましたが、それでも10分に一回は床に左足を置いて休めなくてはなりません。
なので、ブレーキペダルの位置を左足で踏み易いように変えなければなりません。
左足フットレストに近い位置と高さに移動する必要があります。

でも、左右それぞれの専用車を造る事はマーケティング的にあり得ないので、ペダル位置を左右に移動調整出来るような構造にする必要があります。
ペダル部分だけを左右に移動可能にする方法もあるし、ペダルの裏の何と言うのかプレート?リンク?ごと左右に移動するとか、平行四辺形のリンクで左右に平行移動する方法もあります。
左足ブレーキで育ったドライバーが100%になるまでは、このような仕組みが必要です。

二つ目は、クリープの無いオートマにする事です。
クリープはアクセルを踏んでなくても意に反して前に進むので、何かの拍子に慌てる事に繋がると思います。
坂道発信にはラクチンなのですが、人の命が拘るとなると話は違って来ます。
ところで、私の乗ってるオートマには何とクリープが無いのです。
ホンダ・ステップワゴンの1世代前のモデルです。
山の緩斜面にある坂だらけの私の街では最初は戸惑いました。
何でオートマなのに後退するのかと。
でも、それも慣れです。
今ではマニュアル車のように自然に感じられます。
しかも、左足ブレーキだと踏み替える事が無いので坂道発信が超イージーなのです。

この二つのハードウエアの実現を前提条件に、教習所での教習を左足ブレーキを必須とする事により、オートマのブレーキ事故による尊い命の犠牲は防げるのではないでしょうか。
| ぶんころびん | 何でも | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://bunkorobin.jugem.jp/trackback/161
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ アクセスカウンター

ジオターゲティング
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS